gct_diagram_01.jpg
copy_sub_01.jpg

毎月第一土曜日の朝6時半より始まる「朝飯会」は、波佐見町ツーリズム活動の原点であり核ともいえる活動。私たちNPO法人グリーンクラフトツーリズム研究会(以下、GCT研究会)主催で、前身の鷹山会を含めると20年以上続いています。

 

会合の趣旨を簡潔にまとめると、朝飯を食べ、各々持ち寄った話題をざっくばらんに話し(自慢話と宣伝はNG)、参加者から意見や感想をいただく会。

 

参加者はゲストの方まで含めると驚くほど幅広く、大学の教授や大手企業の重役、アーティストやプロデューサー、はたまた地元の主婦や農家の方まで、職業・年齢・性別・地域を問わず、来る者拒まず。

 

波佐見ならではのオープンで笑いの絶えない会だからこそ人が集まり、長く続いているのだと思われます。そして、この会を中心にストックされていく多様な情報と知恵、人脈は、ツーリズム活動の大きな原動力になっているのです。